Top >  n700系について >  n700系のグリーン車の変更点

n700系のグリーン車の変更点

グリーン車設備・座席はもちろん2列×2列シート。もちろん、全席コンセント搭載しています。

冬場など寒い時に足元を温めることが出来るフットウォーマー搭載。

読書灯が各座席の頭部に付きました。以前は荷物棚の下に付いていましたね。

この配置になったことで、自分は明かりがいらないのに隣の人が付けていて邪魔になることがあった人でも、N700系のグリーン車ではゆっくりとお休みいただけるのではないでしょうか。


座席が背もたれと連動し動くようになりました。文字で表現するのは難しいのですが、座席をスライドさせると背もたれもちょうど良い角度になるという仕組みです。実際に座られるのが一番ですね。


エアコンの風量を調整できるようになりました。


ただし、車内の温度は一定で車掌室などで調整しているので、個人の調整はできませんが、荷物棚の下あたりに調整のツマミがあります。新幹線にのる時は羽織るものを一枚持っていれば、重宝しますね。


>> 出張や温泉旅行の航空券予約もラクラク!

 <  前の記事 進化したn700系の特徴  |  トップページ  |  次の記事 従来の新幹線とN700系の違いに気付く  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/9210

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)