Top >  乗車体験談リポート >  乗客の利便性も進化していた

乗客の利便性も進化していた

新幹線n700系は一両が長く、改札口からホームに上がってこられたお客様が、
「ここは何号車?」、両側に新幹線が止まっていると「どっちがのぞみ○号??」、
「これは○○駅に止まるのだろうか?」と色々な疑問が出てくる方がいると思われます。


実際、結構そういった人も見かけましたし、私も新幹線に乗る際にはよく感じることです。


そこに駅係員がいれば聞くことが出来ますし、ホームにある大きな電光掲示板も近くにあればわかります。


しかし、そういった駅係員や電光掲示板がなかったら…
N700系の車体外側前後にはそれがテロップとして流れているのです。

新幹線n700系は利用者の利便性も進化していると感じた場面です。


>> 出張や温泉旅行の航空券予約もラクラク!

 <  前の記事 従来の新幹線とN700系の違いに気付く  |  トップページ  |  次の記事 男性が脱毛したいと思う箇所はここしかない  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://buzz7.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/9209

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)