国際免許証の取得方法

国際免許証の取得方法を解説します

海外へ行くと車で移動をする機会もあると思います。

 

ツアーなどであれば必要がないかもしれませんが、
やはり停車する場所が決まっている電車やバスでの移動よりも、
自分で運転をするということは遥かに海外の醍醐味が味わえるものです。

 

 

好きな土地に好きなタイミングで訪れることができるのですから。
海外で運転をするには国際免許証を取得しておく必要があります。

 

 

それでは国際運転免許証の取得方法について説明していきましょう。

 

日本の運転免許では、日本国内しか運転できません。

 

 

国際免許証とはその名の通り、海外で通用する免許証になります。
これを持っていないと、海外で自動車等を運転することや
レンタカーを借りることが出来ません。

 

 

また、国際免許証は海外での運転だけでなく、
パスポートと同じような身分証としても使えますので、
運転する予定の無い方も取得することをお勧めします。

 

 

というのもパスポートを失くす人が非常に多いからです。
パスポートを失くしても現地で再発行することはできますが、
それには非常に面倒な手続きが必要となります。

 

 

 

また、身分証がないと不便なこともあります。
ですので国際免許証はその代役をしてくれるものとして考えておくこともできるのです。

 

 

国外運転免許証(国際免許証)の申請は、
居住地の運転免許試験場又は警察署で行います。

 

有効期限の切れた国際免許証は、最寄の警察署に返納してください。

 

 

海外で運転をする際には注意しましょうね。

 

日本での交通ルールが通用しませんからね。

 

 

特に右側通行の国では、普段のクセが抜けず慣れるまでは非常に危険ですので
ゆっくりと安全運転をするように心がけましょう。

 


▼店頭でもおなじみJTBのお得なツアー、「SALE!」特集へ