パスポートの取得方法

パスポートの取得方法を解説

海外旅行へ出かけるならば、必ず必要となるものの一つにパスポートがありますね。

 

まだ持っていない人は申請しておかなければいけません。
なければ出国や入国できませんからね。

 

初めて取得する人は不安な面があるかもしれませんので
パスポートの取得と申請方法について説明します。

 

 

 

まず申込みの際に必要なもの。

 

○パスポートの申請費用は10年旅券(赤色)16,000円。
 5年旅券(青色)11,000円の申請費用がかかります。

 

○パスポート取得に必要な書類は、

 

1. 一般旅券発給申請書 1通 申請書は、 各パスポート申し込み窓口、
 旅行会社で入手できます。
2. 戸籍謄(抄)本 1通
3. 住民票 1通(住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については、
 原則不要。)
4. 写真 1枚 (大抵の旅券格好所に近くに写真を撮る機会が備え付けられています。)
5. 郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき)1枚
6.申請者本人に間違いないことを確認できる書類

 

 

・ 申請場所。パスポートの申請は、
 住民票を登録している都道府県の旅券課で行います。
(ほとんどの都道府県でそれ以外にも申請窓口を設けています。)

 

 

土日祝日は休みのところがほとんどなので、平日に行くようにしましょう。

 

基本的に多くの人が海外旅行を利用する連休前には混雑するので
予定が決まっている場合は予め早めに申請しておくようにしておきましょう。

 

 

最低でも取得にかかる日数がありますので、
チケットを購入する場合はパスポートの取得期限のことも
考えて日程を決めるようにしましょう。

 

 

 

10年旅券と5年旅券で悩む人が多いようですが、基本的にどちらでも構いません。

 

ただし、金額に換算すると10年旅券のほうが割安になります。

 

しかし、将来パスポートが必要ないというのであれば、5年旅券で十分です。

 

また、数回でも海外へ出かけるのならば、各国のスタンプを集める楽しみがあります。

 

すると5年旅券では期限がくると再発行となり、過去のスタンプは見れませんので

 

10年にしておくと長期間楽しめることができますね。

 


▼店頭でもおなじみJTBのお得なツアー、「SALE!」特集へ