パスポートの更新手続き

パスポートの有効期限が切れたら

パスポートには有効期限があります。5年か10年どちらかですね。

 

何度も使用をしていると愛着が湧いたりしますが、
新しいものに変更しなければなりません。

 

そんなパスポートの更新手続きについて説明していきます。

 

 

ちなみに期限が切れる1年前から更新することは可能ですね。

 

ですので、海外への滞在が長い場合は
現地の日本大使館や領事館で手続きすることもできます。

 

 

それでは日本国内で行なう場合の、手続きについて説明します。

 

 

 

まず、指定された必要書類を用意します。

 

・一般旅券発給申請書 1通 
・戸籍謄本または、戸籍抄本 1通
・住民票の写し 1通 
・身分証明書 1通
・写真 1枚 
・官製ハガキ 1枚 
・印鑑8.所有しているパスポート 

 

これらが揃っていればOKです。

 

 

 

ほとんど新しいパスポートを取得するときと同じものですね。

 

パスポートはくれぐれも大切に保管しておきましょう。

 

 

多少ボロボロになったとしても、日本からの出国の際にはOKがでても
海外の入国審査の際には偽造と疑われることもありますので
丁寧に扱っておかないと、思わぬ時間がとられることもあるようですから注意が必要です。

 

 

特に、水などに浸してしまった際には予め、
旅券発行所で確認をするぐらいのことをしておいてもいいでしょう。

 

楽しい旅行に水を差さないようにしましょうね。

 


▼店頭でもおなじみJTBのお得なツアー、「SALE!」特集へ