黒川温泉の魅力と見所

黒川温泉を紹介します

黒川温泉

黒川温泉は、九州の北部中心くらいにあり、大自然に囲まれています。

 

自然を十分に楽しむことが出来ますが、
山間部のため公共交通機関を利用するより車でお出かけになった方が良いでしょう。

 

黒川温泉では、入湯手形(1200円・木を輪切りにした板)
を各旅館で買うことができ、好きな温泉を3か所選んで入ることが出来ます。

 

入湯手形には予め3枚のシールが貼られていて、
お風呂に入る毎にそのシールが1枚づつ剥がされ、
代わりにそこの旅館のスタンプが押される仕組みになっています。

 

黒川温泉は全部で24軒ありますから、3軒選ぶのにも迷ってしまいますね。

 

そして入湯手形を利用する人の多くが、日帰りで温泉を周られるようです。

 

黒川温泉街は歩いてまわれるほどの広さなので、
日帰りでも十分楽しめるというわけなんです。

 

ちなみにすべての宿の露天風呂に入って、集めた入湯手形を旅館に渡すと、
なんと黒川グッズと一年間有効の宿泊割引券五千円分がもらえる嬉しいサービスが!

 

それと、入湯手形の巨大版のような「認定証」ももらえます。

 

気になる黒川温泉グッズですが、バスタオルや下駄・・・
これ以上は秘密ということで。

 

その他にも嬉しい品が入っているので、気になる方はぜひ集めてみて下さい。

 


人気の理由

やはり土日は観光客が多いので、なるべく人が少ない時に
ゆっくり入りたいという方は平日に行かれることをお勧めします。

 

「田舎らしさを出そう」というコンセプトを元に、
温泉手形の発行など様々なアイデアが実行されている黒川温泉。

 

こんなにも全国的に人気の高い温泉となったのにもこれで納得ですよね。

 

ただ温泉に入るだけじゃつまらない、面白いことをやろう、
という地元の方々の熱意に関心させられます。

 

もちろん催しだけでなく、黒川温泉の泉質もすばらしく、含食塩芒硝硫化水素泉で、
神経痛、リウマチに効果があるといわれています。

 

黒川温泉に浸かって、美味しものも食べて、素敵な時間をお過ごしください。