城崎温泉の魅力

城崎温泉の効能

城崎温泉

城崎温泉は兵庫県北部に位置し、
平安時代からの1400年の歴史を持つ伝統ある温泉です。

 

江戸時代には「海内第一泉」と呼ばれ今でも碑が残っています。

 

泉質は食塩泉で海水の成分に似ていて、日本で一番多い温泉とされています。
塩分が皮膚につき汗の蒸発を防ぐため湯冷めしにくく保温効果が高いとされています。

 

その昔コウノトリが傷を癒したという伝説もあり、道智上人が千日の修行を行った末に
湧き出した事が城崎温泉のはじまりと言われています。

 


7つの外湯

基本的に外湯めぐりをしますが、
「鴻の湯」「まんだら湯」「御所の湯」「一の湯」「地蔵湯」「柳湯」「さとの湯」
の7箇所となっています。

 

その7箇所の外湯では当日最初に訪れた入浴者に
一番札というものを差し上げています。

 

これを目当てに来る方もいるようです。

 

この7つの外湯につながる川沿いが温泉街となっており、
百件ほどの旅館が軒を連ねていて、
お土産物屋さんや飲食店なども共存しています。

 

とても静かで情緒あふれる温泉街となっています。