厳島神社の世界遺産

安芸の宮島 厳島神社

1996年に広島県廿日市市宮島町の厳島神社が世界遺産として登録されました。

 

世界遺産とは人類が共有し普遍的な価値があり
積極的に後世に残す意味のあるもので、ユネスコ総会で採択された
「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づいて選定されたものです。

 

そして「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」「危機遺産」の4つにわけられます。

 

厳島神社は通称「安芸の宮島」とも呼ばれ、
日本三景の一つにもなっている国宝でもあるのです。

 

厳島神社は大小8つの朱塗りの建物が海辺に立ち並びその独創的な建物の構造や
海上に立ち並ぶ建物と背後の弥山原始林が一体となったさまはとても美しく
また平安時代の寝殿作りの特徴を今でも伝えている建物なのです。

 

宮島は遠い昔人々から聖域の地と崇められており
11世紀までは神官のみが島へ立ち入る事が許されていたのです。

 

そしてその神聖な土地へ社殿を建てる事を避けたので
海にせり出すように建築されていると言われています。

 

今でも「不浄を避けるため」という理由から島内には墓地がありません。

 

干潮時には陸が顔を出し、歩いて鳥居の下まで行くことができ、
満潮時には参拝遊覧船で鳥居をくぐる事ができますので
二通りの景観を楽しむ事ができるようになっています。

 

世界遺産 厳島神社を旅行する関連エントリー

古都京都文化財の楽しみ方
古都京都にある文化財を数々紹介しています。まずは、どの建物が登録されているか知りましょう。
古都奈良の文化財に指定されているもの
古都である奈良の文化財として指定されているものを紹介します。奈良へ旅行するときの参考にしてください。
琉球王国のグスクや関連遺産の巡り方
琉球王国のグスクやその他関連の遺産がたくさんあるので、その巡り方をご紹介します。
世界遺産 厳島神社を旅行する
世界遺産である厳島神社を旅行するための観光情報をまとめました。ツアーやフェリーでアクセスしましょう。
世界遺産、知床半島を旅行する
世界遺産にも登録された知床半島を旅行する観光情報をまとめました。たくさんのツアーもでています。
白川郷 五箇山の世界遺産の良さ
白川郷や五箇山の合掌造りの魅力や特徴、歴史など見所を存分に紹介しています。
世界遺産 石見銀山遺跡の歴史や魅力
世界遺産に登録された石見銀山遺跡の歴史や伝統、そして旅行する魅力をご紹介します。