古都奈良の文化財

奈良にある世界遺産

約10年前の平成10年12月に世界遺産委員会の審議が行われ、
古都奈良の文化財が世界遺産として登録される事が決定されました。

 

それから10年、奈良県では世界遺産として登録された貴重な文化財を
大切に保存し、豊な歴史や文化を活かす街づくりに取り組んできました。

 

世界遺産とは1972年にユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び
自然遺産の保護に関する条約」で世界各地の文化遺産や自然遺産を
人類全体の遺産として世界各国が協力し合って守っていくものです。

 

古都奈良の文化財として登録されたものは東大寺、興福寺、春日大社
元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡、春日山原始林です。

 

奈良県に訪れる事があれば是非これらを観光してみてください。
とても風情があり歴史を肌で感じる事ができます。

 

また奈良県には姉妹都市や友好都市がたくさんあり、
それらの都市にも世界遺産があります。

 

例えば中国の西安市の秦の始皇帝陵やフランスのベルサイユ市のベルサイユ宮殿と
庭園、そしてスペインのトレド市の古都トレドなどがあります。

 

古都奈良の文化財に指定されているもの関連エントリー

古都京都文化財の楽しみ方
古都京都にある文化財を数々紹介しています。まずは、どの建物が登録されているか知りましょう。
古都奈良の文化財に指定されているもの
古都である奈良の文化財として指定されているものを紹介します。奈良へ旅行するときの参考にしてください。
琉球王国のグスクや関連遺産の巡り方
琉球王国のグスクやその他関連の遺産がたくさんあるので、その巡り方をご紹介します。
世界遺産 厳島神社を旅行する
世界遺産である厳島神社を旅行するための観光情報をまとめました。ツアーやフェリーでアクセスしましょう。
世界遺産、知床半島を旅行する
世界遺産にも登録された知床半島を旅行する観光情報をまとめました。たくさんのツアーもでています。
白川郷 五箇山の世界遺産の良さ
白川郷や五箇山の合掌造りの魅力や特徴、歴史など見所を存分に紹介しています。
世界遺産 石見銀山遺跡の歴史や魅力
世界遺産に登録された石見銀山遺跡の歴史や伝統、そして旅行する魅力をご紹介します。